おすすめ記事
不動産会社がホームページで反響を取るコツを5つ教えます。

ホームページから反響がまったくない・・という不動産会社は非常に多いです。

ホームページは企業の顔であり、24時間見込み客を獲得してくれるはずのツールですが、ほとんどの不動産会社がうまく運用できていません。

今回は反響が少ない全国の不動産会社に捧ぐ「ホームページで反響を取るコツを5つ教えます。」

不動産会社がホームページで反響を取るコツを5つ教えます。

ホームページで反響を取るためには5つのコツを抑えればかなり高い確率で反響を取ることができます。

  1. ターゲットを絞る/強みを決める
  2. ホームページをきれいにする
  3. 営業マンの顔を掲載する
  4. 問い合わせボタンの位置を最適化する
  5. 営業臭を消す

順番に解説していきます。

①ターゲットを絞り込む/強みを決める

ホームページで反響を取る前に考えなければいけないのが「ターゲットを絞り込むこと」です。ここが一番重要です。

「○○エリアの不動産すべてお任せください」といった切り口ではお客様も迷ってしまい別の業者に流れてしまいます。

お客様

「すべて」って何を任せればいいのだろう・・

不動産でも何が一番得意なのかを明確にすることでお客様からの反響を取ることができます。

ターゲットは大きく以下のように絞り込むことができます。

ターゲット
不動産売り専門 不動産を売りたい人
不動産買い専門 不動産を買いたい人
不動産投資 不動産投資をしたい人
不動産管理 不動産の管理を任せたい人

まずは自社が何が一番の強みなのかを明確にすることで、ホームページからの反響の取れ方が大きく変わります。

例題

不動産の売却を考えている人が不動産会社を探しています。以下の2社のうちどちらに問合せを入れるでしょうか
A:「どこよりも高く売ります。ウルゾウ不動産」
B:「不動産のことならなんでもお任せ!ゲンキ不動産」

上記のケースの場合、ほとんどがまずはA社から問い合わせをいれます。(もしA社で満足しなかったらB社に流れつく可能性もありますが、第一選択からは外れます。)

ターゲットの設定方法や差別化については別の記事でも解説していますので、ご参考に

②ホームページをきれいにする

ターゲットが決まったら次はホームページです。

ホームページは企業の顔ですので、きれいなホームページを作ることを心がけましょう。

一番ダメなホームページは「更新されていない」「いかにも古いホームページ」です。

いくらお客様への対応が良くても、ホームページが古いだけで不信感を与えてしまいます。これはホームページで反響を取るうえでは非常にもったいないことです。

事前に設定したターゲットに向けて強みを前面にプッシュしましょう!

ホームページは今では個人でも作成できますし、無料でホームページを制作できるサービスもありますので、見栄えの悪いホームページの場合は作りなおしをおすすめします。

ミカタくん

業者に依頼するのも手段の一つです!

    ③営業マンの顔写真を掲載する

    ホームページには営業マンの顔写真を掲載することを強くおすすめします。

    お客様の心理から考えると、まったく顔も見えない相手に問合せをするのは心理的ハードルがかなり高いです。

    ※特に不動産の営業マンはコワモテ営業マンがくると思っている方も多いです。

    事前に営業マンの顔を掲載しておけば、どんな人から連絡が来るのかわかるので、反響も取りやすいです。

    お客様
    事前にどんな人から連絡がくるかわかると安心です!

    参考大手の不動産賃貸仲介会社になると、ポータルサイトにも担当者を掲載するようにして、お客様の心理的ハードルを下げているケースもあります。

    顔写真以外にもお客様の声を掲載することも重要です。

    不動産会社のホームページに必要な5つの要素!お客様の声は超重要!

    ④問い合わせボタンの位置を考える

    ホームページから反響を取るのであれば、問い合わせボタンはとにかくわかりやすくするべきです。

    反響が少ないホームページにありがちなのが、問い合わせページへのボタンがわかりにくいということです。

    せっかく問い合わせしたくても、お問合せページがわかりにくければお客様は別の不動産会社に行ってしまいます。

    問合せページへのリンクはとにかくわかりやすくを心がけてください。※別の記事でも詳しく解説しています。

    ホームページの反響が増えない不動産会社は”CTA”を改善しよう

    問合せフォームの最適化

    お客様は入力欄が多いと面倒くさくなって途中で問合せを辞めてしまいます。(経験された方も多いはず)

    以下は反響の少ないダメな問合せフォームです。

    1. お名前
    2. 電話番号
    3. メールアドレス
    4. 住所
    5. 職業
    6. 年収
    7. 検討時期
    8. 既婚・未婚
    9. 家族状況

    ④~⑨の項目は入力を嫌がる方が多いです。(一つの項目を入力するのが嫌で問い合わせを辞める方もたくさんいます。)

    お問合せフォームを必要最低限にするだけで、反響はかなり多くなります。お問合せボタンの位置と合わせてお問合せフォームの見直しもおすすめします。

    ⑤営業の匂いを消す

    ホームページから反響を取るためには営業の匂いを消す必要があります。

    お客様の中には

    お客様
    資料請求をしたいけど、営業されたら困る・・

    という方はかなりたくさんいます。(まだ具体化していない層)

    ホームページで反響を取るためには、

    • 「しつこい営業はしません」
    • 「資料を送るだけです」

    といった文言などで、心理的ハードルを下げてあげる必要があります。

    お客様
    しつこく営業されないなら資料請求してみよー!

    上記のような気持ちにしてあげるとホームページからでも反響はかなりとれるようになります。

    ”心理的ハードルをとにかく下げる”のが反響を取るための近道

    不動産会社がホームページで反響を取るコツを5つ紹介しましたが、ポイントは「問い合わせをする心理的ハードルをいかに下げるか」に尽きます。

    今回紹介したポイントがどのように心理的ハードルを下げるのか解説します。(不動産売却検討者)

    (ホームページを見て)へー売却に強い不動産会社なんだ!

    営業の顔もわかるから安心(しかもお客様の声も私と同じような事例ばかり)

    入力も簡単で資料請求も簡単

    営業されないっていうのはほかの会社と違って気軽だね!

    問い合わせ(反響GET)

    ちなみに「営業できないなら意味ないじゃん」と思う方は、ステップメールで長期追客をして具体化したタイミングで問い合わせが来るように仕向けましょう。←超重要です。

    【2年追客】不動産会社の悩み”追客”をステップメールの自動化で解決

    ここからはホームページに集客する方法です。

    ホームページに集客するためにはブログがおすすめ

    不動産会社,ブログ,

    反響を取るためには、そもそもホームページに集客する必要があります。

    ではどのように集客するのかというとブログがおすすめです。

    できればホームページでのブログが更新できるWEBマーケティング担当がいるとよいですが、いない場合は無料ブログ(アメブロ・FC2ブログ)でも大丈夫です。

    参考わざわざ高価なシステムを導入する必要はないです。無料ブログで十分集客できます。

    ブログで集客する場合は以下のキーワードでブログを書くことをおすすめします。

    • (都道県名・エリア)で掘り出し物の不動産物件を見つけました!
    • (都道府県・エリア)で一番お得に不動産物件を借りる方法

    ポイントは(都道府県・エリア)です。

    ミカタくん
    できれば競合が減るように市町村区まで限定してブログを書くとさらに効果的です。

    絶対にやってはいけないブログの書き方例も紹介していますので、合わせてチェックしてください。(ブログ集客にはSEOも非常に大切です。)

    不動産会社がブログ集客を成功させる3つの方法【具体例あり】

    地方の不動産会社がSEO対策する上で押さえるべき2つのキーワード

    まとめ

    ホームページで反響を取るためには5つのコツを覚えて、お客様の心理的ハードルをとにかく下げる必要があります。

    自分がお客様の立場で問合せをしようと思ったときに「面倒くさいな・・」と思うようなホームページであればすぐに改善しましょう。

    最後になりますが、反響を取る方法はたくさんありますので、ホームページばかりに気が取られないよう、バランスを考えて反響を取っていきましょう!

    ミカタくん
    反響に関していくつか関連記事がありますので是非ご覧ください!
    完全無欠の物上げマニュアルができました!

    中古マンションを仕入れ、自社の専任物件を増やすといっても、新築の売主の開拓は難しいですし、チラシやネットで売却依頼を獲得しようとすると費用がかかってしまいますよね。

    断言しますがそれらの問題を解決する唯一の方法が、このメソッドなのです。

    しかしこのメソッドを始めた当初は、管理人訪問のウェイトがかなり大きく、実際に成果が上がるまでには不安になることもあるかもしれません。

    でも、ご安心ください。

    このメソッドに沿って活動すれば、ほぼ間違いなく初年度から結果が出ます。

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    よく一緒に読まれている記事