目黒区の物元不動産会社ランキングを紐解いてみた

本データは中野区で2018年1月~12月にかけて、ポータルサイト等に売り出されたマンション・土地・戸建のデータを基に算出しています。

注意ポータルサイトに出てこない情報に関しては、補足できていない可能性があるため実際の数字と乖離がある可能性があります。予めご了承ください。

①中野区のマーケット情報

まず中野区でどれくらい、不動産取引が行われているかを見てみましょう。

中野,物元不動産

※中野区2018年1月~12月の売出物件データ

取り扱い不動産会社(店舗)数:699店舗
※2018年中に中野区で1件でも物件を預かった不動産会社数

中野区では1年間2,187件の物件が売りに出ていました。
月々でみると、182件売り出されている計算です。

業者数が699社いるため、1店舗あたり4か月に1件、物上げができている計算になります。

また、売出金額の総額が1,000億円。
すべての物件が成約しているわけではないと思いますが、仮に全件成約するとして、両手取引で60億円の市場規模があります。

1店舗あたり、中野区で年間850万円の手数料が稼げる計算です。

②中野区の物元最強店舗はどこか

それでは、具体的に中野区で物元として強い店舗はどこでしょう?
店舗ごと媒介件数のランキングを作成しましたので、下記ご覧ください。

中野,物元不動産

中野区の店舗ごとの媒介数

1位は住友不動産販売の中野営業センター

1位は住友不動産販売の中野営業センターでした。

年間109件も物上げしています。
中野区だけで月に9件以上、新規物上げをしている計算になります。(すごい!)

預かり金額も中野区だけで66億円あるため、全件片手だとしても約1.9億円の仲介手数料が見込めている状況です。

営業マン一人あたりで見ると?

それでは営業マン一人あたりに換算するとどうでしょう?
店舗のページを確認したところ、営業スタッフは8名いました。※2019年10月現在。

https://www.stepon.co.jp/uri/satei/area_13/city_114/salesman/20_1/

その為、営業一人当たりに換算すると、年間媒介数13件/人、年間手数料見込み2,300万円/人(片手)という計算になります。※全件成約を前提

もちろんこれ以外にも、両手取引や、客付けでの契約、補足できていないデータがあるため、実際はもっと手数料は稼げていると思います。

③中野区では大手はどこが強いの?

最後に会社単位で物元市場を見るとどうでしょう?
必然的に大手不動産会社のみになりますが、ランキングを作ってみました。

中野,物元不動産

大手不動産会社の媒介数ランキング

会社単位で見ると住友不動産販売が中野区最強

会社単位で見ると、住友不動産販売が1位でした。(住友不動産販売の中で、中野区で物件を取り扱っているのは41店舗あります)

預かり総額が180億あるので、仲介手数料見込みが中野区だけで年間5.4億円あります(片手計算)。
また、1店舗あたりで見ると、5.4億円÷41店舗で年間1,300万円の仲介手数料が中野エリアだけで、見込めていることになります。

尚、中野区全体の1店舗あたりの平均が850万円/年なので、店舗あたりで見ると平均より多いことが分かります。

まとめ

今回は中野区の物元市場を紐解いてみました。
いかがでしたでしょうか?

今後も不定期ではありますが各市区町村ごと紐解いていこうと思ってますので、お楽しみに!

紐解いてほしい市区町村があれば、是非お問合せください。

営業支援サービスをまとめて紹介

不動産会社の課題を解決できる資料を一挙に閲覧

▼今現在、課題に感じているカテゴリーをクリックしてください。▼

ミカタストアから課題解決に役立つ資料をご提案いたします。

営業支援支援システム一括査定データ購入物件管理システム

ホームページ制作WEB集客ブランディング

メルマガ登録する

Twitterでフォローしよう

よく一緒に読まれている記事