不動産営業マンになったら覚えるべきこと【新入社員向け】

不動産営業は覚えなければいけないことがたくさんあります。

不動産に関する知識はもちろん、民法・資金契約・営業スキル・集客方法など、幅広い知識と能力が求められます。

本ページでは新卒・中途関わらず、不動産営業マンになったらまず覚えるべきことジャンル別に紹介いたします。

これから不動産業界を目指そうと考えている方も参考に是非ご覧ください。

\ 不動産仲介業務効率化ツール9選 /
各シチュエーション別人気資料も紹介

多忙な不動産営業マンのために、各シチュエーション別に業務を効率化できるツールをご紹介します。

不動産営業マンになったら覚えるべきこと【新入社員向け】

  • マナー編
  • 基礎知識
  • 集客方法
  • 物件調査
  • 資金計画
  • 営業
  • 査定
  • その他

マナー編

電話

まず「電話対応」と「メール対応」です。社会人なのでまずは当たり前のマナーを身に着けていることは大前提です。

不動産会社は当たり前ですが不動産に関する問い合わせが多いです。

特に多いのが以下のような電話です。

お客様の目的 覚えておきたいこと
①売却検討客 査定の依頼
売却に関する一般的な質問 税金、費用
②購入検討客 内覧の申込
販売中物件の詳細についての質問 金額、引渡し時期、学校区
購入に関する一般的な質問 税金、ローン、費用
③対応中の客  内容はさまざま

お客様の目的をいち早く汲み取り、ストレスなく回答する必要があります。

そのためには多くの知識が必要です。上記表を参考に電話イメージを膨らませ、実務の中で徐々に慣れていきましょう。

メール

不動産会社の営業マンが意外とできていないのがメールマナーです。

ゴリゴリの電話営業が主流だった不動産業界においては、メール,LINEなどのコミュニケーションツールを使いこなせている方は少ないです。

※ちなみにお客様とLINEなどのSNSで連絡を取ることも問題ありません。

メールマナーがしっかりできるだけで差別化(しっかりとしている人と印象付けられます。)できるので覚えておいて損はないでしょう。

覚えておきたいメールマナー
  • 問い合わせメールの着信日時から24時間以内に返信メールすることがベスト
  • 休業日をはさみ24時間以内に返信できない場合は、その旨を伝え謝罪の言葉を先に記載する
  • 相手の様子がまったくわからないので言葉づかいに注意する
  • 簡潔な文章にし長文は避ける
  • 1メール1テーマが望ましいが、テーマが複数ある場合は「見出し」をつけて段落を区分する
  • メールタイトルは「問い合わせに対する返信」であることをひと目でわかるようにする

集客方法

不動産会社の集客方法は

  • ポータルサイトへの出稿
  • リスティング広告
  • チラシ
  • ポスティング

といった媒体がメインとなります。

それぞれどういったメリット・デメリットを持っているのか?どのような属性をターゲットとしているのか知っておく必要があるでしょう。

物件調査

不動産営業マンにとって「不動産を知る」ということは非常に大切なことです。

不動産を知るとは、物件そのものはもちろん、隣人への聞き込み、近隣の施設の調査、役所調査・登記の確認など多岐にわたります。

隣接された敷地との境界線をチェックするなど細かい部分も営業マンの仕事です。

不動産仲介において「その不動産についてどのくらい知っているのか?」が明暗を分けます。

お客様の気持ちを考えたら、「不動産に詳しい人に頼みたい」と思うのが普通ですので、調査はガッツリ行いましょう。

資金計画

不動産の売買仲介業において資金計画は非常に大切です。

資金計画とは不動産を購入するために必要な費用を算出し、準備する資金の内訳を明確にすることです。

必要な費用=「物件価格」+「諸費用」

物件価格は誰でもわかることですが、「諸費用」について詳しい内容を把握してないと資金計画は立てられません。仲介をする上で資金計画まで丁寧にお客様に提案することも営業マンの役割です。

住宅ローンの仕組みも覚えよう

不動産を購入する方の多くは住宅ローンを利用します。

住宅ローンが利用できない場合は、購入をあきらめなければならないこともあり、住宅ローン申し込みは不動産売買仲介業務できわめて重要なステップです。

住宅ローンと一言にいってもたくさん種類があるので仲介業務を行うのであれば覚えておいたほうがよいでしょう。

営業

不動産業界はバリバリの営業職です。他のセールスがやっているようなことを行っていては選ばれる人間になることはできません。

ヒアリングすべきポイントをしっかりと抑えたり、物件案内時にどのようなポイントを案内するべきか、など一言一言を変えるだけでトップセールスになることができます。

不動産業界は「追客が超大事」

不動産会社は追客という考え方が売上げの明暗を大きく分けます。しっかり追客することができれば、毎月毎月数字に追われることがなく余裕をもった営業マンになることができます。

長期的に活躍したいのであれば、今のうちから追客の考え方を理解しておきましょう

査定

不動産の売出価格を決めるうえで重要なのが「査定」です。

査定価格が相場から乖離していると、買えるものも買えなくなり、売れるものも売れなくなってしまいます。

不動産営業マンになったら正しい査定方法を知る必要があります。

その他

不動産営業マンになったら覚えるべきことはまだまだあります。

どのジャンルにも属さないけど、覚えておきたいことをご紹介いたします。

まとめ

不動産営業マンになるためには多くのことを覚える必要があります。

だからといってすべて完璧にできる人はほとんどいません。

だからこそしっかりとした知識とスキルを身に着けると勝てるわけです。

不動産営業は活躍することができれば高年収はもちろん、独立・開業も実現できます。

今のうちから是非インプットしておいてください。

不動産会社の課題を解決できる資料がダウンロードできます

▼今現在、課題に感じている項目をクリックしてください。▼

ミカタストアから課題解決に役立つ資料をご提案いたします。

集客を増やす成約率を上げる売買業務を効率化賃貸業務を効率化する

販促ツールを作るHPをリニューアルする勉強する

会社の評判を上げる業務を外注する無料でなんか使いたい

メルマガ登録する

Twitterでフォローしよう

よく一緒に読まれている記事