物上げを成功させるサービス4選【おすすめ業者あり】

多くの不動産会社は「物上げをしたい・・」と、心の底から思っています。

しかし物上げはそんなに簡単なものではなく、

  • 物上げしたいけど、なかなかうまくいかない。
  • どのように物上げしてよいのかわからない。

など、実際に物上げしようとすると非常に難しいものです。

そこで今回は、少しでも物上げできる確率をUPさせるおすすめのサービスをカテゴリーごと紹介していきます。

【無料ダウンロード】物上げにおすすめのサービス
ダウンロード 特徴
AKIDAS 空き家データべース
HOME4U 一括査定サービス 一括査定サービス
イエウール
Oeruka 追客を自動化

物上げを成功させるサービス4選【おすすめ業者あり】

物上げに役立つサービスは大きく4つに分けることができます。

  1. 一括査定サービス
  2. 相続登記セグメントサービス
  3. 空き家データベース
  4. 自社HPから反響をとる

①一括査定サービス

物上げ業者になりたいのであれば、一括査定サービスの利用は必須といえます。

売却を検討している源泉情報を反響課金で取得し物上げすることができるため、多くの不動産会社が利用しています。

とはいえ、反響課金すれば必ずよい物上げができるとは限らず、ある程度戦略を持って取り組む必要があります。

一括査定の勝ち方を学ぶ

➁相続登記セグメントサービス

相続登記が発生してる不動産も狙い目です。

相続の際に「不動産を手放す」という選択をする方も比較的多いです。

相続登記が発生していることがわかる、下記のサービスを利用し、ターゲットを絞って営業活動をすることで物上げに繋がります。

おすすめサービス

③空き家データベース

物上げするために空き家データベースを活用するのも有効です。

空き家データベースとはその名の通り、空き家のリストが掲載されているサービスです。

空き家はほとんどの不動産会社が接触出来ておらず、売りたい・手放したいと思っている所有者様も非常に多いです。そのため、連絡がとれてしまえばスムーズに物上げできる可能性があります。

空き家を物上げするためには、エリアを絞ってDMを送って反響を取る方法が一般的です。

攻略するのに根気が必要となりますが、ノウハウをしっかりと確立してしまえば、確実な物上げが可能となります。

おすすめサービス

空き家物上げの攻略法

④自社HPから反響をとる

今回紹介するなかで最も取り組みやすい方法が自社ホームページから反響を取る方法です。

検索流入からのユーザーであれば、確度が高く、低コストで反響を取ることができます。

ただし、単にホームページを公開すればいいというものではありません。

この業者であれば、適切な価格で売却してくれると思わせることが重要です。

ホームページの反響を取るのにおすすめなのが、マンション相場くんです。

マンション相場くんはホームページにタグを仕込むだけで、マンション相場の価格を表示することができるので、お客様に信頼を与えることができ、反響が取りやすくなります。

おすすめサービス

  • マンション相場くん

物上げの方法・ノウハウを学ぶ

物上げのサービスについてご紹介しましたが、物上げの方法にはやり方がたくさんあります。

先ほど挙げた相続・空き家だけでなく、任意売却の物上げ、インスペクションを使った物上げも有効です。下記の記事にて詳しく解説していますので、合わせてご覧ください。

マンション仕入れノウハウも公表しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

物上げが難しいことには変わりはありませんが、外部のサービスを使うと、今までできていなかったことが比較的簡単にできるようになります。

費用も数万円程度で済むサービスが多いので、気になるものがあったら是非導入してみてください。

物上げを成功させたい方におすすめのサービス

物上げを成功している企業の多くは、外部のサービスをきっかけに物上げを行い、物元になることに成功しています。
例えば、AKIDAS
AKIDASは10万件以上の空き家データベースで、物件写真、登記簿謄本、所有者情報、権利関係など、ぶつ上げを行うために必要な情報をまるっと知ることができます。


情報も欲しいもののみ、見ることができるため、無駄なコストをかけずに物上げのリストを作ることができます。

期待できる効果

  • 見込み客の新規開拓
  • 新規事業の確立
  • 競合しない情報の収集
無料トライアルもございますので、物上げを成功させたい企業は是非資料ダウンロードしてみてください。
▼一括査定サービスも物上げに使えます。
売買仲介会社におすすめサービスランキングTOP3

各種サービスの特徴や価格もご紹介いたします。

ランキングを見る

Twitterでフォローしよう

よく一緒に読まれている記事