不動産の歴史を先史時代から紐解いていく

不動産にはそれぞれ歴史があります。

昔誰が住んでいたか、どんな使われ方をしていたかなどによって、土地の価格は大きく左右されます。今の町の区画も、昭和や場合によっては江戸時代からの用途や代々の所有者の力関係で決まっていたりします。

また、地歴を前面に押し出し、価値としてバリューアップすることもできます。

つまり不動産と歴史は、密接な関係にあるのです。

営業でもその土地の歴史や、業界の歴史を知っていると営業マンとして深みがでます。

また、歴史を知っているとそれを喋れる営業マンが少ないため、権威性という意味で大きな差別化につなげることもできます。

今回は、不動産業界の歴史についてまとめてみました。

不動産業界の歴史の知識をつけることで、今より不動産業界をもっと好きになっていただければと思います。

不動産の歴史を江戸時代から紐解いていく【令和まで】

江戸時代

明治

大正

    昭和

    平成~令和

      【データを無料公開】売却獲得の勝ちパターン

      実際に売却経験のある売主様2500人に「どのように不動産会社を選んだのか」を調査しました。今回はE-BOOK形式で調査データを無料公開いたします。

      フェーズ別のユーザー心理と推奨アクションの解説ありますので、興味のある方は是非ダウンロードしてみてください。

      Twitterでフォローしよう

      よく一緒に読まれている記事